不眠症をよく理解しよう

不眠症とは?


不眠症とは一体なんなのでしょうか。あなたの抱えている問題は果たして不眠症と言われるべきものなのでしょうか。

眠れない覚えがあれば、基本はどれも不眠症です


不眠症には次のような症状が起こります。まずなかなか眠れないと言うことです。そして、寝てもすぐに覚めてしまう人たちもいます。そして、思っているよりも、早い時間に目が覚めてしまう人もいます。そして、しっかり寝たと満足出来ない睡眠、このように様々な症状がある訳ですが、週に三回程度ある、そして、1ヶ月以上それが続くようであれば、一緒には、不眠症と言われています。 そして、不眠症と言うものの、周りの騒音がうるさくて眠れないというケースもあるはずです。外敵要因はしっかり除外しなければならないです。そして、基本夜間睡眠不足を起こすことによって、日中の傷害が、疲労、倦怠感、注意力の散漫、気分が優れない、やる気が起こらない、緊張、頭痛など、少なくともひとつ程度傷害がある場合に不眠症と言います。睡眠障害と言う言い方もありますが不眠症と、睡眠障害も一応みなさんには区別をしていただきたいと思います。睡眠中の呼吸の障害で睡眠障害に陥ることはありますが、それは不眠症ではありません。ナルコレプシーも、概日リズム睡眠障害も、不眠症とは区別するべきものです。目覚の錯乱、夢遊病などの睡眠時随伴症、前立腺肥大などの泌尿器の疾患によるもの、むずむず脚症候群、それらも不眠症ではありません。

不眠症の治療


さて、不眠症はどのように治療をしましょう。現代社会の不眠症は、メラトニン不足で起こっているケースが多いようです。24時間365日労働をするシステムが整って、夜間生活が頻繁化するようになって、私達の生活からどんどメラトニンが低下している事実をしっかり把握する必要があります。みなさんの生活パターンを修正する必要もあるでしょう。体内にある時計の役割をしっかり把握することです。

不眠症を治す方法も参照のこと